ブログ

2022.08.31

アイランドキッチンを後悔なく選びたい方

マイホームを建てる際には、憧れていた設備を導入して快適な家づくりがしたいとお考えの方も多いでしょう。
家づくりの際に憧れが多いアイランドキッチンですが、同時に後悔したという事例もあるようです。
そこで今回は、アイランドキッチンで後悔しない人の特徴や選び方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ここからは、アイランドキッチンで後悔しない人の特徴を2つご紹介します。
1つ目が、こまめに掃除ができる方です。
アイランドキッチンは、以下のような箇所の掃除が必要になります。

・コンロ
・シンクの中
・水切りカゴ
・水栓周り
・キッチン周りの床
・作業台の上

特に、キッチン周りの床や作業台の上は、アイランドキッチンならではの箇所です。
アイランドキッチンは壁に囲われていないため、キッチン周りの床は油はねや水はねで汚れやすくなります。
また、作業台の上は、リビングと一体化していることで散らかりやすくなります。
特にこの2箇所について、こまめな掃除や片付けができる場合は、アイランドキッチンの開放感を楽しめるでしょう。

2つ目が、未就学の子どもがいない方です。
小さなお子さんがいると、周囲を駆け回ったり、向かい側からキッチンの上にある物に手を伸ばしたりすることがあり、危ないです。
また、赤ちゃんのいるご家庭では、水はねや油はねしたキッチン周りを特に念入りに掃除する必要があります。
一方、お子さんが小学生以上であれば、アイランドキッチンならではの形状で、お子さんが宿題をする様子を見ながら作業をするなど、コミュニケーションの幅が広がるでしょう。


ここからは、後悔しないアイランドキッチンの選び方を2つご紹介します。
1つ目が、スムーズな動線を意識することです。
アイランドキッチンは独立した形状のため、キッチンのみならず、リビングや周囲の空間との動線が非常に重要です。
そのため、それぞれの空間の広さを把握し、移動しやすい間取りにする必要があるでしょう。

2つ目が、コンセントの位置や数に注意することです。
キッチン設備で意外と盲点なのが、コンセントです。
アイランドキッチンは壁から離れているので、キッチン自体にコンセントを設ける必要があります。
そのため、通常のキッチン以上にライフスタイルを考慮し、コンセントの数や設置位置を検討しましょう。


今回は、憧れのアイランドキッチンを導入して素敵なキッチンのマイホームを建てたいとお考えの方に向けて、アイランドキッチンで後悔しない人の特徴をご紹介しました。
また、後悔しないアイランドキッチンの選び方についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

カレンダー

«8月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト